このみ丸のご紹介

佐多岬の先端に位置する田尻漁港

佐多岬の先端に位置する田尻漁港

    『このみ丸』は佐多岬(さたみさき)の瀬渡しを始めて創業約40年の船です。

    もともとは『好丸(よしまる)』と言う名前で半漁業、半瀬渡しを行っておりました。約5年前、読み方をわかりやすくして皆さまに馴染みある言葉にするために『このみ丸』に変更いたしました。

    佐多岬周辺の磯は全て当番制となっております。西が時化の場合は東の磯へ、東が時化の場合は西の磯へ渡船できるため出船できる可能性は他エリアと比べると比較的高い磯場です。
    夜釣りやルアー釣りも含めて様々な釣りのできるフィールドです。特に灯台周辺1~5番は釣果も良く、人気もあります。

スタッフのご紹介

  • 安全第一を心がけて出船しております。

    船長 : 柳川政人(やなぎがわ まさと)


    昭和30年12月15日生まれ、安全第一をモットーに出船しております。趣味は旅行とカラオケとお酒です。

船のご紹介

「第五好丸」(だいごこのみまる)

第五このみ丸

総トン数:5トン
船の装備:GPS、魚群探知機、無線、押し着けタイプの着岸、ホースビット、ベンチ

  • 左舷側

    左舷側

  • 右舷側

    右舷側

  • ベンチのついた後部

    ベンチのついた後部

  • ミヨシ側

    ミヨシ側

  • ホースビット(押し付けタイプ)

    ホースビット(押し付けタイプ)

  • 船長アナウンス用のスピーカー&ライト

    船長アナウンス用のスピーカー&ライト

  • ホースビットからの写真

    ホースビットからの写真

  • 上部操舵室

    上部操舵室

コンテンツ
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ